HOME>トピックス>全天候に配慮した結婚式場をおすすめします

伝統的な挙式のスタイルです

和婚

神前式は、日本の伝統的な挙式のスタイルですが、家と家との絆を深めるという意味があります。男性の場合は紋付の羽織袴、女性の場合は引き振袖や色打掛、白無垢などの和装の衣裳を着用します。巫女や神職などが誘導をして、神社や神殿などで行います。神前式の結婚式に対応をしている結婚式場が増えています。

初穂料などが必要になります

和婚

結婚式場は、全天候型の神前式に対応をしているので、雨天でも安心して挙式をすることが出来ます。結婚式場を利用する時は、初穂料などが必要になります。チャペル挙式に比べると、招待する人が少ないので、費用を抑えることが出来ます。

指輪交換や三々九度の盃をかわします

神前式は家族や親族、親戚などの身内で行うことが多いですが、現代は友人や知人を招待する人もあります。結婚式場の神前式では、指輪交換や三々九度の盃をかわすなどの儀式を行っています。チャペル挙式に比べると、厳かで格式の高い挙式です。

挙式の後は披露宴を行う人がほとんどです

結婚式場を選ぶ時は、地元で評判が高く、平均的な相場の料金の所を選ぶことが大事です。神前式の挙式を行った後は、披露宴を行う人がほとんどです。結婚式場では披露宴会場が隣接しているので、高齢者も移動がスムーズです。芸能人などの著名人の間でも、神前式は人気があるので、若い年代の人も憧れている人が増えています。結婚式場では、和装の衣裳もレンタルが出来るので、気に入ったデザインを選んで下さい。