HOME>オススメ情報>憧れの和式の結婚式の気になるお値段について
神前式

知っておきたい式次第の流れ

神前式というのはれっきとした儀式であるので、神社の人の指示に従って手順を踏んでいくことになります。リハーサルをする神社もありますが、当日は巫女の指示に従って順序どおりに式次第を行っていくことになるため、それほど心配しなくても良いでしょう。神社の本殿に向かう際には、新色や巫女が先導します。神職の後についていけば良いので、特別なことをする必要はありません。席順も新郎新婦、並びに親族を中心に決まっているので、指示に従って着席します。はじめに、新色がお祓いをして身を清めます。次に、祝詞の相乗を行い、新郎新婦が夫婦となることを神様に報告します。これはチャペルで宣誓をするのと同じです。その後、三三九度の盃という、一般的にもよく知られている儀式を行います。最後に斎主である神職が挨拶をして神前式が終了します。

気になる費用総額は

せっかく結婚式をするのだから、日本の古式に則って神前式を執り行いたいというカップルは依然として多く、日本式の挙式は依然として人気が高いです。ただし、気になるのは神前式のお値段です。正直なところ、神社によって値段が異なりますが、30万円から100万円が相場となっています。格式の高い神社で神前式を執り行う場合には、更に費用がかかります。社会的な需要の高まりとともに、結婚式場と神社が提携を結んでいるところも増えてきているので、費用を節約することができるようになりました。また、神社から結婚式場までは送迎バスを利用することができるので、その意味でも神前式から披露宴への流れがスムーズに行うことができるようになったと言われています。高額に見られがちですが、神前式は意外とお得です。