なぜ人気があるのか

新郎新婦

神前式が最近人気になっているのは、やはり「日本の伝統的で厳かな結婚式スタイル」というものに魅力を感じている人が多いからでしょう。現在の日本では、チャペルなどを使用したキリスト教式が主流であり、結婚式でウェディングドレスを着ることに憧れを持っている女性も多くいます。しかし、最近は日本の伝統的なスタイルが見直されてきており、キリスト教式やウェディングドレスとは違う魅力を求める人が増えてきているのです。そして「和装を楽しむことができる」ということも、神前式が人気になっている理由の一つだと言えるでしょう。神前式で着る和装は、花嫁の場合は白無垢や打掛で、花婿は袴姿などになり、普段なかなか着る機会のない和装を楽しめます。特に神社で挙式がおこなわれる場合は、和風の伝統的な建物を背景にして和装がより一層魅力的に見えるようになるでしょう。さらに神前式では、日本の伝統音楽である雅楽の演奏もあるので、和装に身を包みながら非日常的で厳かな雰囲気を味わうこともできます。

どんな結婚式スタイルなのか

神前式

神前式というのは、神道の形式に沿った日本の伝統的な結婚式スタイルであり、一般的には神社で挙式がおこなわれます。しかし神社以外でおこなうことも可能であり、神殿を備えた専門式場や、ホテルを利用する場合もあります。披露宴会場については、挙式を神社でおこなう場合は披露宴会場を別に用意する必要がありますし、挙式が終わったあとにその披露宴会場まで移動することになるでしょう。しかし専門式場やホテルでおこなう場合は、施設の中に披露宴会場があるため、ゲストなどが移動する必要はありません。挙式時のゲストに関しては、キリスト教式の場合は多くのゲストに参加してもらうことができますが、神前式の場合は基本的には家族や親族だけが参加することになります。そして費用については、神社でおこなう場合は衣装などを含めた挙式代が30万円~100万円程度になり、披露宴費用と合計すると160万円~220万円程度になると言えるでしょう。こうした結婚式の費用は、ゲストの人数が多いほど高く、少ないほど安くなるという仕組みになっています。そのため10名以下の少人数プランの場合は、神前式の場合でも会食つきで50万円程度という費用で済ませることができます。また本来の神前式では、キリスト教式のような指輪の交換がないのですが、現在では神前式でも指輪の交換が行われるケースが多いためその点はあまり心配する必要はないでしょう。